太極拳の魅力
~太極拳にはじめて触れる方々へ~
 

太極拳は屋根のない病院

しなやかでゆったりとした動きのため、体力のない人でも、手軽にできると人気の高い太極拳。実際にやってみると、これがなかなか難しく、そのためにかえってハマってしまう人も多いようです。また、続けることでからだだけでなく、精神的にもたくましくなり新しい意識や生き方ができるようになるのです。太極拳は中国に伝わる伝統武術のひとつ。実は、武術として優れているだけでなく、哲学的な背景があります。中国の哲学書『易経』の言葉で、太極とは混沌としていることを表していて、つまり、陰と陽などの対立したもの、矛盾したものを統一するための拳であり、中道に生きることが大切だという教えなのです。中国では太極拳を「屋根のない病院」と呼び、免疫力を高める健康法の一つだとも考えられています。公園などの野外で青空の下、自然の力を頂きながら行うことからこのような名前がつきました。力を用いずに意識を用いて、途切れる事無く動作を続けるという太極拳には、まさに、自分で自分をマッサージしているのと同じ効果があるのです。そのため続けていくうちに肩凝りや腰痛が解消されたり、からだのバランスが整っていき、元気になる方が多いようです。

 

 

体内の循環を活性化してくれる

実際の太極拳は、極めるのが難しい奥の深い武術ですが、現代においてその技法はとても整備されています。ですから、実践する人の年齢や体力など、個人の条件に合わせてマイペースで続けることができます。世界各国で幅広い層の人々に愛好されているのはそのためです。また、太極拳はゆっくりとしたやわらかな動きですが、この動きを休むことなく続けることで、温泉につかったのと同じ状態が生まれ体内温度が上昇します。そして呼吸のリズムも整い、内臓を活性化し、気の通り道である経路の流れをよくしてくれると考えられているのです。特に足の動きがポイント。足は第2の心臓といわれるように、血液を循環させるのに大切な場所です。足の動きを一旦止めてからまた動かすという繰り返しが、血液を送り出すポンプの役割を担ってくれるのです。

 

 

ストレス解消にも効果あり

ストレスの多い環境で生活をしているためか「忙しさの中で自分を見失いたくない」「自分の居場所が見つからない」など、最近は今の自分から解放されたくて太極拳を始める方も多いようです。悩んでいるときほど、からだを動かすことが大切です。何もせずにただただ考えているだけでは、どんどん自分で自分を追い詰めてしまいます。そんな時こそ誰にでも簡単にできて、ほどよくからだを動かせる太極拳をやって欲しいと考えています。太極拳の動きにはストーリーがあります。中には20分近く動き続けるものもあります。そのため、集中力と持続力が養われ、一人でも達成感を味わうことができるようになります。続けていくうちに、粘りのある精神が養われ、自然体でいることの強さを身につけることができるのです。つまりそれは、ストレスに負けない心とからだを作るということなのです。

Copyright © 2014 Japan Taiji Kenyukai All rights reserved.