全身を伸ばすことは太極拳の特徴

 

拳譜に"虚領頂勁・気沈丹田・含胸抜背・沈肩墜肘、坐腕凸掌。松腰・斂臀・開胯屈膝。神聚気斂・身手放長"という全身への要求を書いています。"虚領頂勁・気沈丹田"は体を伸ばすことを言っています,"虚領頂勁"は頭を真っすぐして、頭の真ん中にある"百会"を真上に向けて、肛門よりちょっと前にある"会陰"と一直線します。(立身中正、つまり、体を上に伸ばして、元気を出すこと)"気沈丹田"は気を丹田(へその下3センチぐらいのところ)に降ろします。これで、体を上下に引っ張る意識があって、体が伸ばしている感じをします。

Copyright © 2014 Japan Taiji Kenyukai All rights reserved.