慢(第一歩、学時宣慢、慢不宣痴呆)
快(第二歩、習而後快、快不可錯乱)
柔(快而復緩、是為柔、柔久剛自在真中、是為剛柔相済)

 

"慢・快・柔"は套路を練習する三つの段階です。初心者の方は"慢"(ゆっくりすること)から始まらなければ正しい要求通りに出来ないし、太極拳の本当の意味にも分かりにくいです。しかし、ゆっくりすると言っても、止まったり、緊張したりしてはいけません。套路を覚えて、太極拳についてある程度分かってから、スピードを変えて"快"の練習も(圖から方への練習、つまり、発勁の練習)します。しかし、"快"と言っても、要求に合わないとだめです"快"の練習をして、太極拳の剛の一面(発勁)も分かってから、またゆっくりする。しかし、今度の"慢"は第一段階の"慢"とは質の差別があって"柔"の段階です。つまり繰り返してたくさん練習して、体の中の、もともとの"拙力"を制して"内勁"がだんだん強くなります,"内勁"がもっと強くなっていくど"剛"になります(柔久剛自在其中、是為剛柔相済)。

Copyright © 2014 Japan Taiji Kenyukai All rights reserved.