意、気、神の鍛練運動

 

宇宙の"三宝"は日、月、星、で人間の"三宝"は精、気、神と言われています。宇宙には日、月と星があるから、すべてが存在できます。体には精、気と神があるから、生きて行けます。この精、気、神を強くするためには"気沈丹田"が大事です。"気沈丹田"をうまくするには、"虚領頂勁""立身中正"沈肩墜肘""含胸抜背"松腰落跨"と"用意不用力""以心行気、以気運身"などが大事なことになります。そのほか、全身"放松"と"上下相隨""一動無有不動・-到無有不勁"などもうまくしなければなりません。

Copyright © 2014 Japan Taiji Kenyukai All rights reserved.